音楽とお酒をこよなく愛する男のブログ

ソムリエ兼日本ワイン検定1級合格者(日本ワインマスター)が音楽とお酒を平易な言葉で語る。

音楽

【音楽・感想】ゲスの極み乙女 ⑨ディスコの卵

(オリジナルアルバム6th)ディスコの卵 Funky Night・控えめなポップソング。・Gtのカッティング、心地好い。・DrやKeyが意外にも抑え気味。・哀愁感に満ちたまま踊るような… ゲスの極み乙女「Funky Night」 - YouTube ゴーストディスコ・こちらも全体的に…

【音楽・ライヴレポート】indigo la End ‘24/1/7(日) 大阪フェスティバルホール「藍衆」

indigo la End TOUR 2023-2024「藍衆」 セットリストは、こちら。https://www.livefans.jp/events/1571423 以下、特に印象に残ったものを記しますね。 オープニング・扉からメンバーが一人ずつ出てくる。・階段を上り、花瓶にさしてる青色の花を一本抜き取る…

【音楽・感想】ゲスの極み乙女。⑧ ストリーミング、CD、レコード

(オリジナルアルバム5th)ストリーミング、CD、レコード 人生の針・1分半頃からのベース、グルーヴ感すご。・後半、曲全体に壮大感。・人生の針。正しく使ってきたかな… 私以外も私・全体的に雰囲気あるメロウなアレンジ良曲。・その下をええ感じで動くベー…

【音楽・感想】indigo la End ⑪ 哀愁演劇

8th(major 7th) 哀愁演劇 カンナ・メロディアスなイントロ。期待が膨らむ。・サビも分かりやすく。2、3番サビ後の展開好き。・生温いキスをしようよ。・予感めいたものはなかった… ・静かなアウトロ。 indigo la End - カンナ - YouTube 名前は片思い・イン…

【音楽・感想】ゲスの極み乙女。⑦ 好きなら問わない

(オリジナルアルバム4th)好きなら問わない オンナは変わる・イントロ、ベースが重く攻めてくる。・2番の展開、好きだなぁ。その後の間奏も。・運命ソシテ、サビキャッチー。 はしゃぎすぎた街の中で僕は一人遠回りした・情景が目に浮かぶタイトル。・それ…

【音楽・感想】ゲスの極み乙女。⑥ 達磨林檎

(オリジナルアルバム3rd)達磨林檎 シアワセ林檎・名曲中の名曲。・歌詞も秀逸。・気づいたらさ、どうでもいいことが幸せに感じる。 影ソング・A、Bメロの効果音、ベース音、好き。・サビの歌詞、本質を突いてるな~・メロウなポップ系の、これまた秀逸曲。…

【音楽・感想】ゲスの極み乙女。⑤ 両成敗

(オリジナルアルバム2nd)両成敗 両成敗でいいじゃない・わりとハードめのイントロ。変拍子。・プログレチックな曲展開。・でも、サビはキャッチー。・両成敗、とまらないのか。・当時勢いある時期でのオープニング曲。 続けざまの両成敗・続く、両成敗。・…

【音楽・感想】ゲスの極み乙女。④ 魅力がすごいよ

(オリジナルアルバム1st)魅力がすごいよ ラスカ・イントロ、印象的。・ベースライン、良いなぁ・耳馴染み良いサビ。ピアノ。名曲。 デジタルモグラ・イントロのベース、さりげない存在感。・ギターソロ後のピアノ・展開、印象的。・エンディングのコード進…

【音楽・感想】ゲスの極み乙女。③ みんなノーマル

(ミニアルバム3rd)みんなノーマル パラレルスペック・完全に完成でしょう。・自然と身体が動く。サビもわかりやすい。・抑える所は抑えて。早熟の美味しい果実。 サカナの心・少し抑え気味の曲展開かな。・2番のAメロ以降が特に好き。・イントロと同じメロ…

【音楽・感想】ゲスの極み乙女。② 踊れないなら、ゲスになってしまえよ

(ミニアルバム2nd)踊れないなら、ゲスになってしまえよ キラーボール・メジャー2作目の1曲目がこれですか。・もう出来上がってる。完全に。・楽器も含め、全てがメロディ。溶け合う。 餅ガール・おもちゃ箱をひっくり返したような。・でも同時に、ブロック…

【音楽・感想】ゲスの極み乙女。① ドレスの脱ぎ方

(ミニアルバム1st)ドレスの脱ぎ方 ぶらっくパレード・メロディとリズムが交錯する。・ベースすら、メロディ楽器。・ある意味、タイコも。 モニエは悲しむ・不協和音チックなギター良し。・無機質的なベースも好き。・テンポ、展開が急変気味で楽しい。 ゲ…

【音楽・感想】ゲスの極み乙女。⓪ マレリ

「ッアーーー」会場限定シングル www.youtube.com マレリ・イントロのベース、エロい。・半音の使い方が好き。・サビが控えめなのが少し意外。・あらゆる所に現在に至る原石が垣間見れる。 ミニマム 自主制作盤「乙女の日常.ep」・あなたにハッピーなミュー…

【音楽・感想】indigo la End ⑩ 夜行秘密

7th(major 6th) 夜行秘密 夜行(藍楽詞集P220)・新感覚のシティ・ポップ・ロック。 yakou - YouTube 夜風とハヤブサ(藍楽詞集P222)・新感覚のシティ・ロック。・ペースチョッパー、相変わらずエロい。 indigo la End 「夜風とハヤブサ」 - YouTube 華にブ…

【音楽・感想】indigo la End ⑨ 濡れゆく私小説 etc

6th(major 5th) 濡れゆく私小説 花傘(藍楽詞集P194) ・わりと複雑なのに、そう感じさせない曲・あるそうでない曲・弦楽器系も含め、全体的に少し音が厚めなのが気になる… indigo la End「花傘」 - YouTube 心の実(藍楽詞集P196) ・イントロ、少しずつ楽…

【音楽・感想】indigo la End ⑧ PULSATE etc

5th(major 4th) PULSATE 蒼糸(藍楽詞集P176) ・さらに変化を見せた曲。・好きって言って抱きしめてよ。・楽器陣は、控えめ。・でも、随所に玄人プレイ。 indigo la End「蒼糸」 - YouTube 煙恋(藍楽詞集P178) ・イントロなど弦楽器風音色、いいね。・ギ…

【音楽・感想】indigo la End ⑦ Crying End Roll

4th(major 3rd) Crying End Roll 想いきり(藍楽詞集P156) ・イントロのコーラス、美しい。・ドラムのビート感が下支えしている。・「想いきり」って、題名が好き。 indigo la End「想いきり」 - YouTube 見せかけのラブソング(藍楽詞集P158) ・雰囲気のあ…

【音楽・感想】indigo la End ⑥ 藍色ミュージック etc

3rd(major 2nd) 藍色ミュージック 藍色好きさ(藍楽詞集P140) ・とても完成度の高い曲。・イントロのドラ厶とギターの絡みGood。・ベースも随所随所にGood。・コーラスも綺麗。・エンディングに向かう終盤の展開、いいなぁ。・‘ 藍’という言葉が初めて曲名…

【音楽・感想】indigo la End ⑤ 幸せが溢れたら etc

2nd (major 1st) 幸せが溢れたら 瞳に映らない(藍楽詞集P096) ・始まりかた、好き。・エンディングも好き。・この曲以降、大きく脱皮したような気がする。以前との比較で。 indigo la End - 瞳に映らない - YouTube ハートの大きさ(藍楽詞集P098) ・不思…

【音楽・感想】indigo la End ④ あの街レコード etc

(ミニアルバム3rd)あの街レコード 名もなきハッピーエンド(藍楽詞集P076) ・刻み良いシャッフル系ソング。・サビの変調、面白い。・2番Aメロ、好き。・リズムを刻むギターと、リフやソロを奏でるギターとの絡みが好き。 indigo la End "名もなきハッピー…

【音楽・感想】indigo la End ③ 夜に魔法をかけられて etc

1st 夜に魔法をかけられて sweet spider(藍楽詞集P054) ・心地よいイントロ・3分15秒すぎのギターフレーズもいいなぁ・風の中を爽快に泳いでいくような曲。 indigo la End "sweet spider" (Official Music Video) - YouTube she(藍楽詞集P018)・さりげな…

【音楽・感想】indigo la End ② 渚にて etc

(ミニアルバム2nd)渚にて 楽園(藍楽詞集P040) ・軽快なギターイントロ。各所で印象的なギターリフ。・1分55秒すぎの2番Aメロの展開が好き。・サビの後ろのコーラスが何気に好き。・3分18秒以降の展開もたまらん。・軽快に始まりながら複雑に展開。名曲…

【音楽・感想】indigo la End ① さようなら、素晴らしい世界 etc

(ミニアルバム1st)さようなら、素晴らしい世界 enon(藍楽詞集P006)・クラシカルなピアノイントロで始まる。・ミディアムテンポで曲は進行。・クレッシェンド的に終える。絵画の様な音楽世界の幕開け。 indigo la End「enon」 - YouTube table(藍楽詞集P00…

【音楽・米ロック】Tom Petty and the Heartbreakers / トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ No.2

Tom Petty And The Heartbreakers のアルバムから1曲ずつお気に入りを選曲します。この1曲だけというのがミソで、これがなかなか難しい。まず初期のアルバム5枚からセレクト。一言コメントとともに。順番はアルバム発表順で。 ①Breakdownalbum:"Tom Petty…

【音楽・Jazzを超えた】Miles Davis / マイルス・デイヴィス

僕は実はジャズが好きです。ジャズを語れるほどのジャンルや数は聴いていません。ですが、僕自身趣味でベースプレイヤーであり、楽器を突き詰めていくと究極的にはジャズのような姿になるんだろうなと実感します。また、カフェなどの飲食店でジャズがさりげ…

【音楽・米ロック/ポップス】Maroon 5 / マルーンファイヴ

アメリカのロサンゼルス出身のバンド。ポップやロックを基調にR&Bのグルーヴ感が随所に。今迄に有りそうで無かった音楽性を持つグループ。ちなみに今月来日。19.2.25東京ドーム公演のみ。大阪公演は2015年に中止になったし、今後も難しいね・・・。 シングル曲…

【音楽・米ブラック(&ホワイト)】Prince / プリンス

14才中2の時、初めて観た”ビートに抱かれて(When Doves Cry)”PVに衝撃を受ける。以降毎年革新作がリリース。10代多感な時期にプリンスと過ごせて本当に良かった。 本ブログで先に挙げたアーティストは、アビーチーを除き全てバンド&グループ。プリンスは、…

【音楽・米ロック】Paramore / パラモア

アメリカ・テネシー州出身のロックバンド。2005年にメジャーデビュー、2007年2ndアルバム「Riot!」でブレイク。今に至る。サマソニ2018東京・大阪とも大トリ。筆者も大阪に参戦。勝手なベスト・ソングは、★6個が最高として、 ◆リリース年 曲名 ◆2007年 That…

【音楽・米EDMを超えた】The Chainsmokers / ザ・チェインスモーカーズ

流行りのEDMデュオのように映りながら、実はそれだけに留まらない。 彼らの音楽にはもっと奥深いものを感じる。特に2018年Sick Boy以降の曲が、セールス的には正直パッとしない一方で、彼らのアイデンティを強く感じる。筆者は 2018年6月8日(金)インテックス…

【音楽・スウェーデンEDMを超えた】Avicii / アビーチー

アヴィーチーの音楽は、一般的にはシンセサイザーなど電子楽器を多用したダンス音楽なのかもしれない。 しかしながら、彼の創り出す音楽には電子的というよりも人間の心を揺さぶる純粋さ、情緒さ、そして繊細さが感じられる。彼の最期は、本当に残念。僕が思…

【音楽・アイリッシュロック】U2 / ユートゥー

1980年代以降現在まで世界を代表するアイリッシュ・ロックバンド。学生時代にU2のコピーバンドを演っていました。 僕の勝手なアルバム・ベスト5は ★6個が最高として リリース年 アルバム名 1984年 焔 ・・・★★★★★ 1987年 ヨシュア・トゥリー ・・・★★★★★★ 1991年…