音楽とお酒をこよなく愛する男のブログ

ソムリエ兼日本ワインアドバイザーが音楽とお酒を平易な言葉で語ります。

【ウイスキー/シングルモルトのようなブレンデッド】イチローズモルト モルト&グレーン  ワールドブレンデッドウイスキー

f:id:K-Nakajiy:20210523114734j:plain

ウイスキーシングルモルトのようなブレンデッド】イチローモルト モルト&グレーン  ワールドブレンデッドウイスキー

ジャパニーズウイスキー/ブレンデッド/埼玉県秩父蒸留所

 様々な評価がなされている㈱ベンチャーウイスキー社による。これは通称ホワイトラベルと呼ばれるもの。大手酒販店などでも比較的手に入りやすい。ここでは、あれこれ関係なく飲んでみたい。今回のロットナンバーは、443。ホワイトラベルは、ロットナンバーごとに味が幾分異なる。すなわち、ブレンド構成や使用している樽がそれぞれ違う。

◆香り:第一印象は、やや強め。 特徴は 、カラメルの華やかな甘い香り。ナッツの香ばしさも少々。そして、若いアルコール感も。
◆味わい:アタックは、なめらかさと同時に若いアルコールのつんとくる感じ。そして、モルト感、次いでバニラや蜂蜜の甘みも少々感じながらも、後半から若いウイスキーのアルコール感が押し寄せてくる。
◆余韻:ほんのり甘いモルト感とともに、グレーンの荒々しさが後に残る。
◆総合:どうしても若いアルコール感やグレーン感が出てきてしまうものの、話題性も含めてウイスキーを再評価する一役をになったことも事実。そういったことも含めて、じっくりと味わいたい。